35歳になる準備

仕事、育児、美容、ファッション、生きてく中で学んだこと・感じたことをポチポチ書きためていきます

腹圧呼吸で肋骨を絞める(目指せクビレ)

クビレがないことが悩みです。

 

ただ太ってるだけ?と思っていましたが、

 

どうやら肋骨も関係しているようです。

 

エステに行っても

 

「肋骨広がっちゃってるねー」

 

とか言われて、矯正してもらってたんですが、

 

まぁ戻る。

 

これでは意味がないと思って色々本など読んでたんですが、

 

この本がヒントになりました!(ちなみにまだ読み途中)


f:id:Ayatupe14:20180803091122j:image

 

この本では

 

肺呼吸ではなく腹圧呼吸というものを推奨しています。

 

肺呼吸は肋骨を横に拡げて空気を取り込む

腹圧呼吸は横隔膜を下に下げて(お腹を膨らませて)空気を取り込む

 

そんなイメージです。(にしても寸胴、クビレがない)


f:id:Ayatupe14:20180803090537j:image

 

写真でも分かると思いますが、

左の肺呼吸は明らかに肋骨が広がっています。

一方右の腹圧呼吸では肋骨の横幅は変わらずにお腹に力が入ります。

 

もしかして、一日に何万回としている肺呼吸のせいで肋骨が広がりまくっていたのか?????

 

これから腹圧呼吸にシフトして肋骨の角度を観測していきます。